スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


ヴィジュアル機器紹介

SHARP XV-Z9000
SHARP XV-Z9000

これは、我が家で4代目のフロントプロジェクターである
最初はVictorのLX-2000で液晶としては最高額であった
それを4年間使い、のちにSONYのVPL-520J2でハイビジョンに96年昇格
それから同じSONYのVW-10HTを2年使い現在のZ9000になりました

最初はDMD特有のカチッとした絵柄で液晶とは少し違う画像だった
当然ながらカラーホイルを使うためブレイキングノイズは多少出ます
それに誤差拡散ノイズも僅かながらありますが、機器のエージングにつれ
穏やかな絵柄に変わってきて最近では液晶に近い画像と化してます^^

DMDも3世代目になり、この初代DMDは少々コントラスト的に厳しいのですが
なんとかスクリーンで補っているので、それ程黒浮きは目立ちません^^
むしろHTPCで視るDVDはほぼHDクラスの映像に限りなく近いです
(但し良質ソフトに限る)


PIONEER HLD-X0  MUSE&NTSC LDプレーヤー
PIONEER HLD-X0

これは1996年に一世一代の思いで購入した
当時はCDも掛かるコンパチシリーズであった9x9が最終CLD-959で完了
私は939を持っていたが、その上の機種がなく、このX0で下はCDの掛かる
9Gもありましたが筐体が939と比べると華奢な感じは否めない訳で
いっそ思い切ってとX0にしてしまった(^^;;;

当時としてはこれ程のクロマエラーの少ない画像はこれだけじゃなかったかな?
滑らかで正にフィルム映像そのものって絵柄に買った直後は
素晴しい映像に平伏すのみだった、それ程超弩級画像で
更にMUSE-LDときたら、克明で気持ちが悪くなる程に描き出す
現行のD-BSハイビジョンよりも滑らかです

それとX0全部ではないと思いますが我が家のX0はDTSのLDが
聴けます、説明書きには不可とありましたが、このX0は
DDもDTSも問題なく掛かります。


Victor HM-DH30000    D-VHS ビデオデッキ
Victor HM-DH35000

もう誰もご存知テープ式デジタルハイビジョンテープデッキですね
ブルレイが出てやや影が薄くなり始めたが、コストパフォーマンス
からしたら、まだまだ分があると思いますねぇ(^^;;;
メディアの価格ではブルレイの半分以下ですから、
しかも長尺ものが一気に録画出来るメリットも捨てがたい内容です

でもねぇメディアの大きさが少々大きすぎて棚が、すぐいっぱいに
なってしまうのが難点(^^;;;


Victor HR-W5 W-VHS アナログハイビジョンベースバンドビデオデッキ
Victor HR-W5

今となってはロストされてしまったようなメディアではあるが(^^;;;
現行のD-BSをこのW-VHSで録画してみると、D-VHSよりも
滑らかな映像になって視れる優れものです
アナログ映像なのに結構カチッとした映像で音もステレオだが
なかなか良い音です、但し最近の映画は5.1chなので
古い映画でないと出番がないです(^^;;;


YAMAHA DSP-AZ1  シネマDSP AVアンプ
YAMAHA DSP-AZ1

AX-1のマイナーチェンジ版AVアンプで内容としては
なかなか良い音で映画が聴けます、既に完良品ですが
まだまだ行けます(^^;;;
細かなパラメーター調整が使いこなせれば
現行機種に負けない音が出るはず?(^^;;;

SONY MUSE MSC-4000  ハイビジョンMUSEデコーダー
SONY MUSE MSC-4000

これはMUSE LDを視るのに必要不可欠な機器です
勿論現行でもまだアナログハイビジョン放送されているので
それを見るには、これが絶対必要です
この製品が単体では最終版になってしまったが
小さくて使い勝っては良い
ちょっと5〜6年前まではハイビジョンTVにMUSEデコーダーが内蔵していたが
D-BS開設とともに消えて行きました、これもロスト機器ですねぇ(^^;;;
そう言えば1991年頃はMUSEデコーダーも宝石並みの価格だったんです
ちなみに180万円だった(゜ロ゜)ギョエ!!っすね
モニターが220万円で合計400万円だった、しかも視るだけ(^^;;;


Princeton PSC-1000    プリンストン NTSCラインダブラー またの名を
             プログレッシブ・スキャン・コンバーターとでも言うか?(^^;;;
Princeton PSC-1000

X0のインターレース画像ではちょっとここ最近のハイスペックPJが
出てしまってから(720PクラスPJ)クロマエラーが見え隠れするようになってしまった
いかんせん海外製高級ラインダブラーにはとても手が届く代物ではありません(^^;;;
M社でも出ていたがPJを買わないと売ってくれない等と言うことだったので
手を拱いていたら、この製品が発売され視聴させてもらったところ
なかなかの良い映像で大変気に入りました
今となっては無くてはならないモノになってしまった(^^;;;
色が特に美しい〜プログレなので映像も結構滑らかです・・・ハイ

以上がヴィジュアル機器達です!




| 1/1PAGES |