スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


PIONEER SH-E100  メインスピーカー 但し改造^^

PIONEER SH-E100改

これを入れたのは去ること1992年の夏だった、
元々ホーン系に惹かれていたが、海外製品のホーンはワイドレンジの
スピーカーシステムが少なくワイドレンジは大変高価で
とても買える身分ではなかったが(^^;;;

パイオニアからSH-E10という大型ブックシェルフタイプが先行発売された
それが気になって食指が動きかけた矢先、この100が出た
身近にはなく遠方まで出向き試聴したところ、なかなかのワイドレンジで
一発購入決定した(^^;;;

しかしホーンはじゃじゃ馬使いこなしは難しい
新品は音が硬くなかなかイメージしていた音ではなかった(^^;;;
それでも使い始めて5年くらいしたら柔らかい音が出るようになった
最初から音像定位はバッチリだったが、それ以外取り得が無かった(^^;;;

そこで97年頃から私の古〜ぃ友人に頼み込んで
私の巻いた中空コイルのインピーダンスを測って頂き
なんとかネットワークを自作する事に成功〜!

しばらくはそれで行き、追い着いていたが世の中アクセサリーブームで
その波に乗ってしまった(^^;;;
先ずはスピーカーユニット後ろに被せるカーボンハットを使い
その後低音と高音に分けてシングルワイヤだったものをバイワイヤにし
WBTスピーカーターミナルを取り付け、内部配線を銀コート線に替え
最終的にバイアンプ駆動にしてしまった(^^;;;

今は低音も高音もバランスにしてユニバから最終パワーまでバランス伝送
にした結果、もの凄く(゚∀゚)イイ音です、定位も決まり過ぎ^^
もう他のスピーカーに替えようかなって思わなくなりました(^^;;;
   


PIONEER PT-R9 スーパーツィター 
PIONEER PT-R9


これはSACDやDVDAの為もあるが一番にしたかったのはアナログディスクの
為の超高域を再現したくて追加したアイテムです^^
これ本体だけでは低音の周波数が流れてしまうので一発でツィーターは
飛んでしまう、そこでデバイディング・ネットワークも同時に買った
ALM(オーディオ・ラボ・ミチ)製のネットワークです
このSTを追加したお陰で空気感や細かなニュアンスまで捕らえる事が
出来ました。



BOSE 301AVM サラウンドスピーカー
BOSE 301AVM

以前は同じBOSEの101だったがあまりに小口径のスピーカーで
音の潤いが薄い為20cm口径のこの301にしてみました
結果音の繋がりが大変良くて満足してます。


PIONEER S-A6C  センタースピーカー
PIONEER S-A6C

音の繋がりを考えて同メーカーにしました。


PIONEER SH-E3 フロントエフェクトスピーカー
PIONEER SH-E3
   
シネマDSPの為の台詞を上に持ち上げる役目です
DSPの場合音の広がりも一役かってます


YAMAHA YST-SW1000 サブ・ウーファー
YAMAHA YST-SW1000

映画だけでなく音楽にも低音ソースの入ったものに良く効く製品です
現代のハイスピード系にはやや劣りますが
刺激のある低音を一切出さないのが良い。


| 1/1PAGES |